賃貸アパートの悪い点

他の住人の生活音が気になる

賃貸アパートはマンションや戸建て住宅に比べ、住み替えが気軽にできるメリットがあります。しかし、その反面、賃貸アパートならではのデメリットもあるのです。その中でも一番のデメリットが音の問題です。1階に住んでいる場合、2階の住人の生活音や足音などが響いてくることはよくある話ですし、外階段の場合は人が通る度に音がします。壁の薄さによっては、隣の住人の生活音や話し声までが聞こえてしまうなどのデメリットもあるでしょう。実際に住んでみるまで気付かなかったという人も多いのですが、音が気になってしまうという人には賃貸アパートに向いていないかもしれません。また、自分が人に迷惑をかけてしまう可能性もあるということを頭に入れておかないと、住人同士のトラブルになりかねないのです。

住人の質によってはトラブルがある

賃貸アパートの住人がちょっと面倒なタイプの場合、トラブルに発展しやすい傾向があります。ゴミ出しについて文句を言われることもあるでしょうし、雪の降る地域であれば除雪の仕方にケチを付けられることもあるでしょう。生活リズムが違う住人から音について文句を言われるなどのトラブルは賃貸アパートではよくある話です。賃貸アパートの最大のデメリットが、隣人を選ぶことができないという点なのです。隣人がどんな人かを入居前に知ることはできませんし、例え契約前に一度会ったとしても実際に住んでみないと分からないこともたくさんあります。隣人問題に悩まされることになり、その結果退去せざるをえなくなることも珍しい話ではありません。