賃貸マンションの良い点

気軽に住み替えができる

なんといっても賃貸マンションの一番の良いところは、気軽に住み替えができることです。職場や学校など、拠点となる場所をメインに、気になる街から街へと住みやすい街を見つけるまで、いろいろな街を住み比べることもできます。また、長く住んで築年数が経ったマンションから、新築や築浅の物件を選んで引っ越すことも可能です。それと一年を通して住んでみないとわからないような周辺の環境、同じマンション内の居住者の雰囲気など、自分ではどうすることもできない状況が近隣にあったと気づいた後、転居することで問題から逃れることもできます。他にも、例えば日当たりが良くてとか、眺望が良くてとか、その物件を選んだ理由でもある自分の気に入った部分が、目の前に別のマンションが建つなどの理由で、なくなってしまう可能性もゼロではないのです。

設備の修理代や諸費用は大家さん持ち

賃貸マンションに入居する際に、すでに設置されている設備、例えばエアコンや給湯器や温水洗浄便座などを初期設備といいますが、その初期設備の通常使用時の故障に関しては、大家さんが修理代金を負担してくれます。これはかなり大きいです。思いがけない突然の出費、しかも数万単位の大きな出費を大家さんが負担してくれるのは賃貸物件ならではの利点です。他にもマンション管理費や、修繕積立金、固定資産税などマンションを所有することで支払わなければいけない諸費用は意外と多いものです。確かに毎月決まった大きな額を賃料として支払うことになりますが、そのぶん快適に暮らす権利が保障されるので、建物に関する不測の事態を気にかけることなく、安心して生活ができるのです。